忍者ブログ

すうどんのレシピ

カテゴリー「にこにこ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二胡試験レポ

二胡の試験、正確には浙江省音楽考級(二胡)の7級を受けてきました。
会場は育才小学校、時間は午前9時から。
8時50分に会場に着いたら、すでに試験始まってるじゃないですか!

クーラーのある職員室が試験会場になっていて、隣の教室が控室。
試験会場の入り口に名前と受験番号がはりだされていました。
受験者は全部の級を合わせて75人。2級から9級まで大体まんべんなく受験者いるのに、なぜか7級は私1人だけで、50番でした。
じゃあきっとまだまだ先だな、ということで、さらっとおさらいをして待っていることに。


二胡試験待ち中
控室はあるんですが、教室にはクーラーがなくて暑いのでみんな廊下に椅子を持ってきて練習してます。
見ての通り、試験を受けに来ているのは小学生のお子様ばかり(みんな上手!)。
大人もたくさん来ているんですが、みんな付き添いの親。
成人で試験を受けに来てるのは私一人でした。

子供たちもこんな大人が受けに来てるのを不思議に思うのか、私が練習してるところに寄ってきて「おねーさん、その曲なんていうの?何級受けるの?」と聞いてくる子が何人かいました。
小学生くらいの子に「アーイー(おばさん)」じゃなくて「姐姐(お姉さん)」って言われるとなんかしっくりこなくて気持ち悪いですね…年かしら(´ェ`)ン-・・

ついでに、受験者の名前が全部はりだされてるもんで、「日本人が受けに来てる」とあちこちで言ってるのが耳に入ってくる(^^;
7級受けるのは1人だけ、つまり「7級受ける」って答える=「私は日本人」なわけですが。
子供たち、「えー!?日本人ぽくなーい!!」だって。
だよねー。私中国で日本人ぽいって言われたことないし(^^;


しかし、待てども待てども呼ばれる気配がない。
っていうか、誰も呼び出されて試験会場入って行ってる感じじゃない??
不思議に思って試験会場の前に行って様子をうかがっていたら、なんと級関係なしの早い者順でした。
何だよー早く言ってくれよー。
まあ、おさらいはしておきたかったからいいか。

試験会場には8人ずつ入っていくようだったので、次の入れ替えのときに突入!
……試験官の先生、子供たちの顔確認しながら会場に入れていくもんだから、常に視線が下の方見ててなかなか私のこと認識してくれなかったけどね!(爆)

試験会場には試験官の先生が二人。
なんと私がいつもレッスン受けてる金先生が試験官じゃないですか!(これってちょっとラッキーw……でも何だかなぁ?)
受験生が8人くらい一度に入って順番待ちする中、1人ずつ弾いていきます。
試験は、受ける級の課題曲の中から2曲を選んで弾きます。
事前の説明によると、通常弾くのは1曲だけ。ものすごくうまかったりものすごく下手だったりした場合は2曲目を弾くこともある、ということでした。

さて、私は一緒に入った8人の中のトップバッターでした。
弾く曲は、『金珠瑪米賛』と『病中吟』。
最後のレッスンの時に先生から「仕上がり具合は同じくらいだからどっちを先に弾いてもいい」と言われていたのですが、『病中吟』の方が出だしがゆったりした曲で余りトチらないので『病中吟』から弾くことに。

出だしはまあまあでしたが、快板(速いテンポ)に差し掛かったところでちょっとトチってしまいました。
それでも何とか快板を終えたところで先生からストップがかかり、次の曲へ。
こちらはテンポの速いところは無難にこなせたのに、何でもないところでトチってそこでストップとなりました。
気持ち的にはあまりあがっていないつもりだったんですが、始めから最後まで手が震えっぱなしでした。
トチって最後まで弾き切れず、さらに2曲弾かされたってことは…うーん、厳しいかも…?

弾き終えると、先生からのご意見があって、受験票の裏に成績つけて返されます。
金先生からは、「音程もよく取れてるしちゃんと弾けているのに緊張しすぎ。手が震えっぱなしだったじゃないか」といつも通りのご意見。
先生から見てわかるほど震えてたのかー(爆)
もう一人の先生からは、「音程とリズムはよく弾けているが、内弦を弾く時に弓の当たり方が悪くて音がかすれることがあるので注意するように」とのことでした。

↓これが受験票の裏に書かれた評価。
受験票裏
1曲目、2曲目の全体的評価は「良好」。音の正確性とリズムが「優秀」。曲の表現力が「良好」でした。

……ということで、どうやら合格、したみたい?
何だかキツネにつままれたような気分(^^;
証書は1ヶ月後くらいにもらえるそうです。
PR

胆子太小

8月1日が二胡の試験ということで、今日が試験前最後のレッスンでした。

課題曲2曲は、暗譜はできているものの、快板(速いテンポ)のところの成功率が家で弾いて50%、先生の前で弾いて20%という状態。
完成には程遠く、弾いてても「音がカタい」と言われ…。
先生と2人で弾いてるときは全然引っかからずに弾けるし、先生からも「很好!」といわれるんですが、1人で弾くと途端にボロボロに…orz

先生からは、「下手じゃないのにとにかく度胸がなさすぎる。思い切って弾けば絶対弾けるから自信持っていけ」と言われました。
あとはとにかく試験当日まで弾きこんで臨むしかないですね。
確かに私は胆の小さいあがり症なんですが、土壇場に強い方でもあるので、そっちが出るのを期待。
とにかく上がってテンポが走りませんように!

試験に向けて走れ!でもテンポは走るな!!

えー、さっぱりブログには書いてませんでしたが(ブログ自体更新してませんでしたが・爆)、二胡続けてます。
今の先生について1年ちょっと経ちました。
で、夏に試験受けることになりました!
うわー、二胡の試験なんて初めてだ~。
人前で一人で演奏したことなんかほっとんどないのでドキドキです。

手続きから何から全部先生がして下さるということで詳細は全く不明なのですが、とりあえず今週から試験に向けた練習が始まりました。
先生が指定した曲は、『金珠瑪米賛』と『病中吟』。

えーと、『金珠瑪米賛』が7級の課題曲で『病中吟』が8級、ということは……。

……な、7級受けろとおっしゃる!?ヒェ━━━━(;゚;д;゚;)━━━━!!
(ちなみに二胡の試験は10級が一番上)


常に音が高めになる癖があって、気をつけてたら行きすぎて今度は低めになっちゃったりして音程超不安定なのに!
左手の指なんかカクカクしちゃってリズムもまだまだぎこちないくせに走りまくるのに!!
それより何より、暗譜できないよう。・゚・(ノД`)・゚・。

不安要素がありすぎてどうしたものやら…(´ェ`)
個人レッスンオンリーだったもんで、客観的にみて自分のレベルがどれくらいのもんかってよくわからずにいたものの、受けるなら4級か、頑張って5級かな~と思ってたんですが……。
まあ、いくらなんでも可能性ゼロの級はうけさせない…よね。
よし。気合い入れていこう。ファイト━━(`・д・´)ノ━━!!

とりあえず次のレッスンで先生に「やっぱり受ける級下げようか」って言われないように頑張ろうっと(爆)

さらにもう一曲追加。

今練習している二胡曲。

1.良宵(なぜかレッスンで弾くと必ずどこか間違えてOKが出ない)
2.賽馬(最近遅いと逆にとちる。早いと勢いで通せるけどめっちゃ雑)
3.燭影揺紅(いい感じだけど暗譜しきれてない)
4.北京有箇金太陽(前回全曲通し。気づくと弓が逆になってる)
5.喜送公糧(今回から練習開始)


ふ、増えてるー!!(*`ロ´ノ)ノ

…というわけで、良宵のOKが出ないままさらに1曲追加…。
二胡試験の級で言うと3級(良宵)から6級(喜送公糧)を同時進行というわけのわからん状態に(爆)。
良宵は、家で弾くとちゃんと間違えずに最後まで弾けるのに、レッスンだと必ずどこか間違えるんですよね…。
しかも間違える場所がいつも違うという…。
何故だ…。

まあ、会社終わってご飯食べずに直行して、指ならしする暇もなくレッスン始まるんで、良宵あたりから入るのがちょうどいいんですよ。
うん。そういうことにしとこう。

……( ´-ェ-` )シュン

価格シール

今練習している二胡曲。
1.良宵(今だにOKが出ない…)
2.賽馬(まだ早いととちる)
3.燭影揺紅(先週全曲通し、だいぶいい感じ)
4.北京有箇金太陽(今日から練習開始)

前の曲がOKにならないのにどんどん進むよ~(>_<)


ところで私の習ってる二胡の先生、最近(と言ってもだいぶ前)新しい二胡を購入。
琴筒が丸くて(江南地域は六角が一般的)、琴頭の部分に龍の彫刻が施してあって超カッコいい。

丸っこい琴筒のさらに下に注目すると…価格シール(古本屋で100円とか書いて貼ってあるみたいな白くてちっちゃいあれ)がぺたっと貼ってあって、「8000」と書いてある。

うわー、はっせんげんか~と思いながら価格シールを凝視していたら、それに気づいた先生が。

「これなぁ、8000元って書いてあるが、実は値切り倒して2000元で買ったんだ」

…うわー、すげー。
2000元で売ってもいいものに8000元ってシールはる方もすごいし、8000元ってシール貼ってあるものを2000元まで値切り倒す方もすごい。
中国じゃ値段交渉するのは当たり前とはいえ…。
二胡の価値がわかってなきゃここまでは値切れないよなぁ。
2000元って…約3万円か…そのうち先生にお願いして新しい二胡買おうかな。
今使ってる二胡、多分どう頑張っても日本に持って行けないし(輸入に必要な資料がそろわないから)。
なんたって400元だし(爆)。

しかし、そのシールいつまでも貼ったままにしてるのは何ですかね。
8000元の楽器だとアピールするためですかね。
多分忘れてるだけでしょうけど(^^;

プロフィール

HN:
しまっち
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
バドミントン 二胡
自己紹介:
中国浙江省杭州在住。
某日系企業で働いてます。
海外まで出てきたプチひっきー、最近ちょっと外出が増えてきました。
脱・杭州の隠れキャラなるか!?

留学時代のブログはこちら

Twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[11/04 wadako]
[08/14 しまっち]
[08/12 wadako]
[08/01 しまっち]
[07/29 wadako]

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- すうどんのレシピ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]