忍者ブログ

すうどんのレシピ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HSK…そんなことになっていたとは

今日、ずいぶん前から登録しっぱなしにしてるお仕事紹介サイトから来たメールを見ていたら、応募条件に「中国語に堪能であること、目安としてHSK5級以上」と書かれた求人があったんですよ。


HSK5級で堪能~?( ・´ー・`)プッ

と思ったんですが、ちょっと気になって調べてみたらびっくり。


今年から日本で受けられるのはいわゆる「新HSK」なるものなんですね。
級別の試験になって、最高級が6級(従来の9~11級相当)なんだそうで。
あちこちからそんな話を耳にしていたような気もするのですが、思いっきりスルーしてました(笑)。
それなら5級以上っていう条件もまあ納得かなぁ。
それならそうと「新HSK」って書けばいいのにと思うんですが、日本ではもう従来のHSKは受けられないから区別の必要なし、ということで新しい方も「HSK」と呼ぶのが正式なんですって。
「新」か「旧」かは受験した年で区別すると。


でも、今中国大陸で受けられるのは「HSK」(従来の)と「HSK改進版」(新HSKとは別物)で、「新HSK」はまだ実施されてないんですよね(のはず)。
なんと、現時点でHSKはこの世に3種類も存在してるわけです。
改進版ができた時もややこしいなぁと思ったのに…。


てことはですよ。
今年中国でHSK6級取った人が、日本に帰って履歴書に2010年HSK6級取得って書いたら、「おお、こいつ最高級取ったのか」と思われちゃうかもしれないってことですよ。
だって普通どこで受験したかなんて書かないもの。
調べたらすぐわかるだろうけど、履歴書レベルでは騙せますね。
いや、騙すって言うのもおかしいか。
ウソ書いてるわけじゃないし。


なんだかなぁ。
どうして級の名前を変えてぱっと見て区別できるようにするとかしなかったんでしょうね。
ややこし。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
しまっち
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
バドミントン 二胡
自己紹介:
中国浙江省杭州在住。
某日系企業で働いてます。
海外まで出てきたプチひっきー、最近ちょっと外出が増えてきました。
脱・杭州の隠れキャラなるか!?

留学時代のブログはこちら

Twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[11/04 wadako]
[08/14 しまっち]
[08/12 wadako]
[08/01 しまっち]
[07/29 wadako]

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- すうどんのレシピ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]